そうだ、たまにはキネシオテーピングの実例など

LINEで送る
Pocket

一応、キネシオテーピングの指導員というものになって10年以上は経っています。たぶん、それなりに上手にはなっているはず。

なので、たまにはキネシオテーピングの実例などをお見せしようと思います。

何が起きたのか?

ご紹介するのは、ママさんバレーボーラー。ちょっと無理をしたときに左肩側に転んで痛めてしまいました。

横から腕を上げようとしたときに痛み、また肘を後ろに引こうとしても痛みます。

ちょっとだけ解説

プロ的には、痛いところにペタペタテープを貼ると言うことはしなくて、ちゃんと「テスト」をして壊れ具合を確認していきます

テーピングの貼り方本の「肩の痛み」とかを見れば上手に貼れると思っている方も多いですが、やっぱりそれでは効果が今一です。だって、その人ごとに壊れ方って違いがありますからね。

で、貼ってみたのが写真の通り。

誤解を招くと嫌なので…

少しキネシオテーピングをかじったぐらいの人だと、「筋肉に沿ってないじゃないか」とか、「そこにはそんな走行の筋肉はないだろ」とか言いたくなるとは思いますが、ある一定のレベルを超えると、オリジナリティに富んだテーピングが出来るようになるんだよと言うことで、勘弁してくださいね。

実は、黒いテープだけは、結構引っ張った状態で貼ってあります。それには訳が…。まっ、そういうことをすることもあると言うことで。

ということで、一応これで痛みはほぼ消失しているらしいので、合格点はいただいています。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket