腫れが出た時のキネシオテーピングを紹介します

LINEで送る
Pocket

スポーツをしていると、捻挫をしたり肉離れをすることってあると思います。スポーツをしない方でも捻挫をすることはありますね。

こういった時に治療が必要になるわけですが、多少は自分で楽になる方法というのがあれば試してみたいと思う方は多いと思います。ぼくが治療をしていても、「自分で出来ることはありませんか?」とよく聞かれます。基本的には怪我をしたら治療はプロが行うものなので、大して出来ることはないという考え方をしているのですが、それでも簡単なテーピングぐらいならご自身でできると思いますので、紹介します。

今回ご紹介するのは、「腫れ」がでているときに、それを和らげ、動きやすくするという目的で行うものです。そのため、このテーピングをすれば一発で治っちゃうとか、今まで通り普通に運動ができると思ってはいけません。あくまでも、治るまでの間多少なりとも楽に生活できることが目標です。

例として、ふくらはぎに肉離れを起こしたケース、膝に腫れが出てしまったケース、足首の外側の捻挫のケースの例を映像化してみました。基本的には、「腫れている部分」を覆うようにテーピングすればいいので、他の場所のトラブルにも応用できると思います。

原理は簡単なので、一度やってみて、いざという時に備えてみてください。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket