新しいキネシオテープ、キネロジEXを使ってみました。結果は、

LINEで送る
Pocket

ニトリートブランドの各種テープ販売を行っている日東メディカル㈱から新しいキネシオテープ、キネロジEXが発売されています。サンプルを試してみました。

ケーセブンでは昔からキネシオテープを使っています。

ブランド的には、キネシオテーピング協会から販売されているテープを使っています。一応、キネシオテーピング協会の指導員という立場もあるし、実際に効き目も安定しているためです。

ただこのテープは、僕の感触的には糊が弱めで、夏場にアスリートが使うには「つき」が弱いです。対策として、アスリートにはニトリートの撥水タイプを使っています。これは、かなり糊が強くはがれにくいです。(肌の弱い方には使いにくいです)

つまり、一般の方や肌の弱い方にはキネシオテーピング協会のテープ。アスリートにはニトリート撥水、という使い分けをしています。(協会の方、ごめんなさい)

さて、最近ニトリートブランドで「キネロジEX」というテープが出ています。新しいものなので試しにサンプルを手に入れてみたのですが…、かなり良い感じです。

今までのニトリート撥水には多少ゴワゴワ感がありました。それがキネロジEXではゴワゴワ感はなく、しかも柔らかくてピタっと貼り付く感じ。広告によれば、つきも強いし、剥がすときにとても楽なんだそうです。確かにそんな感じ。

剥がし感については、数日貼って糊が安定した時の感じが大切なので、今はまだレポート出来ません。

効き目の確認として、筋肉テストでの評価もしましたが、全然問題ないです。ちゃんと効果が出ます。まっ、効き目はキネシオテーピング協会のものがちょっとだけ抜けている感じがします。特にEDFGというタイプ。ただ、糊が弱いんですよね…。とは言え、効き具合の違いは一般の方には殆どわからないレベルの違いです。

キネシオテープは沢山のブランドが出ていますが、中には効きの悪いものもあります。これは、値段の安い高いではないので、注意が必要です。安くても効くのはあるし、高くても効きの鈍いものはあります。テープの厚みとか柔らかさなどが関係します。高いテープは大抵品質はいいです。ただ、品質が効き目と直結しないんですね。

ということで、うちではアスリート用のキネシオテープは在庫がなくなり次第、ニトリート撥水からキネロジEXに切り替えていきます。

キネロジEX《撥水》 50mm×5m 6巻入 NKEX-50
日東メディカル
売り上げランキング: 56,690

販売元の商品紹介ページ

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket