ラケットを使う競技の選手に勧めたい手首へのキネシオテーピング

LINEで送る
Pocket

ラケットを使う競技をされていて、痛みはないけどどうも球筋が安定しないとか、手首や肘に痛みのある方にお勧めのとっても簡単なテーピングを紹介します。

とある日曜日、K7″でサポートをしているテニス選手たちが練習試合をするということで、会場まで見学に行ってきました。

すると、毎月ケアをしている選手(中3)がやってきて、
「最近、練習でも試合でも最初のうちは、ボールを打っても方向が定まらず、ホームランになることも多い。」
と訴えてきました。

ひと通り、身体全体の状態をチェックしたもののあまり悪そうなところが見当たりません。最近取り組んでいるトレーニングの効果が出てきて、まだ身体が慣れてないのかなぁとも思いました。

そこで、せっかく現場にいるということでプレーを見てみることにしました。普段は、ひたすら選手たちのケアをしているので、なかなかプレーまで見る時間が取れないので、いい機会です。

すると、打ちに行く時にラケット面がどうも不安定に見えます。波打っているような感じ。これだと、確かに球筋は安定しません。

そこで、帰ってきたところで手首周りのチェックをすると、怪しい反応が出てきました。簡単に言うと、「手首が緩い感じで、しっかりとラケットが握れていなかった」感じです。対策として、手首をきちっと締めるようなキネシオテーピングをしてみると、本人曰く、「全く症状が出なくなった」とのこと。無事解決です。

いろんなスポーツを見ていて、感覚的に今回と同じようなトラブルはかなりありそうです。特に、ラケットを握るテニス、バドミントン、卓球、ラケットボール、スカッシュ、etc…。もしかすると、ゴルフとか剣道、フェンシングなんかにも起きているかもしれませんね。

ということで、こういった道具を握る競技の方にお勧めのキネシオテーピングを紹介します。テーピングをするのは簡単だし、費用もそれ程かからないし、自分でできるし、上手くいかなければ止めればいいだけなので、是非一度試してみてください。なんの症状も感じていなくても試してみると良いと思います。パフォーマンスが上がるかもしれません。

ちなみに、コットンテープ(伸び縮みしないテープ)を使っている方は沢山お見かけします。効き方が違うので、これも試して欲しいです。もしかしたら、とってもいいかもしれません。

— 追記 —

この記事で紹介している手首へのテーピングをより効果的にするテーピング法を追加記事で書きました。そちらもご覧ください!

手首や肘へのキネシオテーピングをもっと効かせる方法(←こちらも読んでいただくとより効果的です!)

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket