女性アスリートのための、「この1本」なキネシオテーピング

LINEで送る
Pocket

女性アスリートが試合や大切な練習が生理にあたってしまった時に試す価値のあるテーピングを紹介します。

お腹に貼るキネシオテープ

普段から女性アスリートのメンテナンスもしますが、生理にあたっている時には普段と違った感触を持つことがあります。どんなかというと、全体的に身体に力が入りにくくてふにゃふにゃした感じ。

力が入りにくいので、当然スポーツでのパフォーマンスも低下しているはず。なので、自分で気づいても気づかなくても、ここで紹介するたった一本のテープを貼ってしまいましょう。あれこれ考える前に貼ってしまった方が早いです。

で、動画で紹介します。ここで紹介する動画は骨盤調整テーピングを紹介する動画の使い回しです。この動画の59秒くらいのへその下に横一文字に貼る一本のテープです。もちろん、他のを含めて全部貼って頂いてもOKです。姿勢良くなりますよ~。ちなみに、テープは引っ張らないで貼ってください。台紙と同じくらいの長さに出来上がればOKです。

で、横一文字の一本のテープだけでずいぶん変わります。生理痛が重い人にも効きます。アスリートでなくてもおすすめ。

テープを貼ったらだいたい2日くらいは効果が持続します。ただ、フレッシュな方が効きはいいので、試合などにあたってしまったら毎日貼り替えてしまいましょう。

紹介しておいて変ですが、僕自身は当然生理痛の苦しさ知りません。なので、正確にどのタイミングで貼ればいいのかはわかりません。貼るタイミング、期間は是非ご自身の身体で研究してみてください。

そして、こっそり教えて頂ければ幸いです。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket