腰痛で痛みが真ん中でなく両脇に寄っている場合のテーピング方法

LINEで送る
Pocket

腰痛はたくさんの人が持っている悩みです。

この腰痛、その原因には様々なものがあり、「腰痛だからこういう治療方法」と決め打ちするようなことはできません。

身体の前側(腹筋群)の問題で起こるもの、後側(背筋群)で起こるもの、下半身の疲労具合で起こるものもあれば、上半身より起こるものもあります。

今回ご紹介するのは、腰痛の中でも比較的多く、テーピング方法さえ知っていればあっけなく痛みが取れるものです。とはいえ、テーピング方法を知らなければ、そこそこの期間治療院に通わされているなんてケースもあります。

知らないって罪ですね。

で、タイトルの通り、腰の真ん中ではなくて右とか左に寄っている場合です。これは簡単にテストができます。このテストに引っ掛かるようなら、まずテーピングが効きますので試してください。

【テスト】
片手万歳で反対側に側屈する。
左右両方でやって、硬さを比較する

【評価】
右側に痛みがあって、左側に側屈しにくければテープは効きます、右側に貼ってください。
反対に、左側に痛みがあって、右側に側屈しにくければ左側に貼ってください。
このパターン以外の時には効かないかもしれません。ただ効くこともあるので、試してみる価値はあります。

経験的に、腰が痛くて、それが真ん中でなく左右に寄っている場合には、十中八九このパターンで、比較的簡単に痛みが取れます。

元々何かこういう腰痛が起きやすい原因があり、今回はそこまでは考慮していないので、とりあえず的な対処です。でも、なにもやらないよりはやってみた方がはるかにましなので、もしそうしたときにこの記事を思い出したらやってみてください。

それでもうまくいかない場合には、直接来てくださいね~。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket