週末型頭痛はキネシオテーピングで解決しよう!

最近あまりなくなりましたが、以前、僕はよく休みの日になると頭痛を起こしていました。ネット検索をすると、どうやら週末型頭痛というものらしいです。

ちょっとうたた寝をしたときなど、起きると頭がガンガンするという感じ。たちの悪いことに、あまり鎮痛剤が効きません。で、頭から首にかけてもカチカチになっている感じ。対策というか解決法的には「緊張をときましょう」だそうです。

そんな時にはどうしていたのか。この記事では、多少でも痛みを減らせるキネシオテーピングを紹介します。

この貼り方は、一般的なキネシオテーピングとは少し違った貼り方をします。でも、一々身体全体を評価して…、のようなことはなく、痛いところに貼る感じのことなので、簡単にお試しいただけます。

週末型頭痛へのキネシオテーピング

最初は「硬いところを探す」ことから

まずは首周りのどこが固くなっているのかを調べます。首をちょっと動かしてみたり、自分の手で触ってみたりして、「硬いなぁと思うすじを探す」だけです。

「僕の場合」ですが、首の後ろ側のすじと真横のすじがとっても固い感じ。首を動かすのも重い感じ。直感的にはゴリゴリ強くマッサージして欲しい感じです。強い肩こりをお持ちの方が「強く揉んで」というのはこれですね。

このように、まずは悪いところ(固いところ)を探します。

硬いところにキネシオテーピング

通常のプロのキネシオテーピングだと、「筋肉テスト」で悪いところを探してテーピングします。でも、今回紹介するテーピングはセルフケア的なものなので、専門家的なテストはしません。最初に探し出した「硬いところ」に貼るだけです。

貼り方ですが、ちょっとした工夫が必要です。

通常のキネシオテーピングではテープをあまり引っ張らずに貼ります。でもこれは、筋肉にうまく力が入らない場合の貼り方。

週末型頭痛は、筋肉の緊張が強いことが原因です。大抵、筋肉に力が入りっぱなしになっています。そのため、通常通りの筋肉に力が入らない場合と同じ貼り方では効果がだしにくいです。

こういった力が入りっぱなしの場合には定石から外れて、「キネシオテープを引っ張って貼る」ということをします。

そこで、先に探しだした硬いところに、キネシオテープを引っ張って貼ります。引っ張り具合は、そこそこ強くです。目一杯引っ張ると、端から取れていってしまうケースがあるので、ちょっと強めに引っ張るくらいの感じです。

念のため今一度強調しておくと、これは一般的なキネシオテーピングの常識から外れています

週末型頭痛のためのキネシオテーピング

たったのこれだけのことなのです

これで僕自身はすっと頭痛が引いたし、カチカチも和らぎました。「僕で効果があったから誰にでも効くよ」とはいいませんが、簡単にできることなので、是非試してください。

普通、キネシオテープを引っ張って貼ると、その張り具合で違和感を感じることがあります。でも、この場合には殆ど感じません。やっぱり緊張型の場合には引っ張ってテーピングをするのが良さそうです。

結構つらい思いをしている方は多いと思います。やってみたら「たったこれだけ?」の話なので、是非試してみて欲しいです。たったこれだけなのです。

おまけ

どうして引っ張って貼るのか。もう少し引っ張って貼ることについて興味のある方は、note(有料)に書きましたのでそちらまで~。

キネシオテープを引っ張って貼る場合とそのわけを考えてみた|Hashio Jun|note
このノートは、ブログ記事の続編です。 ブログはこちら→  キネシオテープは公式の講習会に行くと「引っ張らないで貼れ」と教わります。(実は最近では、指導者の講習会みたいなのに行っていないので、実は変わってきているかもしれませんが…) 「コレクションテープ」と分類されている、関節を矯正するような貼り方が規定されていて...
この記事を書いた人

Body Tuning Labo K7”代表。
人の身体、特に上昇志向の強いアスリートの動き具合を調整していくのが一番得意。
ほぼ100%の人が「自分の身体はちゃんと動いている」と思っているので、もっといい世界があることをお知らせしたい。
元コンピューターハードウェア設計エンジニア。たぶん、異色の転職組で人の身体を見ていくフローも違う。そのため、違う結果が得られるはず。
そういった世界を経験してきているので、根性と気合ですべてをこなそうとするのは苦手。

走尾 潤をフォローする
治療的なこと
スポンサーリンク
スポーツ整体 Body Tuning Labo K7"