さんきゅう参道2019でセルフケアテーピング体験ブースをだしました

平成31年3月31日に氷川参道で行われた、「さんきゅう参道2019」にケーセブンとしてブースを出しました。

これは年に1度のイベントで色々なお店がブースを出します。ケーセブンではセルフケアテーピングの体験会を行いました。

ケーセブンのセルフケアテーピング体験は1回1,000円です。トップアスリートのボディメンテナンス技術を一般の方に転用したもので、高い効果が期待できます。

経済産業省近畿局や近畿の自治体が主催に関与する健康科学ビジネスベストセレクションズという健康グッズのコンテストでも入賞しました。いってみれば、健康グッズの全国大会ですね。

このセルフケアテーピングを普及させるために、最近ではあちらこちらで体験会を行っています。

体験会ですので、1人ひとりのお悩みを聞いて治そうとするものではありません。

ただ、基本的に全身的に効果の出るものなので、個々にお持ちの痛みを直接狙わなくても身体が楽になることが多いです。腰、膝、足、肩などの痛みに対しても、ピンポイントというわけにはいきませんが、効果的です。軽い腰痛とかなら結構自分でどうにかなっちゃうものです。(テーピングをきちっと覚えれば。)

今回は日曜日の朝から夕方まで出店しました。氷川参道は人通りが多いので万単位の方がブースの目の前を通過したのではないかと思います。

ただ、残念ながら有料での体験会だと人気で行列というようにはなりませんでした。

「有料ならやらない」という反応も数多く受けました。

逆に有料でも体験をしたいという方は本当に身体が辛く困っている方々で、もっときちっとテーピングを学びたいといっていただけました。ありがたいです。

ケーセブンの自信を持ってオススメしている技術なので、そうやって受け入れていただけるのはとても嬉しいです。教わった方が目一杯使えるようにお伝えします。

今回のイベントは初参加だったので、なかなか様子もわからずにあたふたしてしまったところがあります。

来年以降、また参加できるものならしていきます。年々より精度の高いセルフケアテーピングにレベルアップをしていこうと思いますので、来れなかった方はまた来年以降に来ていただけたら嬉しいです。

この記事を書いた人

Body Tuning Labo K7”代表。
人の身体、特に上昇志向の強いアスリートの動き具合を調整していくのが一番得意。
ほぼ100%の人が「自分の身体はちゃんと動いている」と思っているので、もっといい世界があることをお知らせしたい。
元コンピューターハードウェア設計エンジニア。たぶん、異色の転職組で人の身体を見ていくフローも違う。そのため、違う結果が得られるはず。
そういった世界を経験してきているので、根性と気合ですべてをこなそうとするのは苦手。

走尾 潤をフォローする
院外活動
走尾 潤をフォローする
スポーツ整体 Body Tuning Labo K7"
タイトルとURLをコピーしました