インナーマッスル/アウターマッスルとは?脱力との関係は?

こういう業界に生きていると、インナーマッスルとかアウターマッスルとか、そんな言葉を聞くことがよくあります。でも、言葉だけが先走ってるかな…。

K7”の最近は、中高生のアスリートたちのボディメンテナンスが多いです。施術していく上で、これは知っておいてほしいと思う知識がいくつかあって、その一つにインナーマッスルとアウターマッスルについての知識があります。

それぞれどんな役目を持っていて、それらを活かすにはどういったトレーニングをしたらいいのか。逆にやみくもに筋トレをすることの危険性まで、理解してもらえたらいいなと思っています。現実的にはそこまでの理解は難しいと思うけど。

ちょっと難しいかなと思いながらも、全身調整を受けている選手たちにはこんな話をしています。

さらに、アスリートには脱力がものすごく大切です。高いパフォーマンスを発揮するためには力みがない方が有利です。よく「力を抜け!」とか聞きますよね。

脱力を考える時にインナーマッスルとアウターマッスルの理解がとても重要になってきます。多少難しい話なので理解できなくても仕方ないです。ただ、上位を目指す選手には是非とも理解してほしいところです。

ケーセブンの全身調整メニューにも「筋肉についての理解」という項目があります。ケーセブンでメンテナンスをしている選手の復習のためにも、この辺の話をシェアしたいと思います。

インナーマッスル、アウターマッスルとは何か

インナーマッスル、アウターマッスルのインナーはinnerで、アウターはouterです。inとoutですね。

inは内側、outは外側。

どういうことかというと、インナーマッスルは身体の奥深くにある筋肉です。骨の周りに絡んでいるというか。アウターマッスルは身体の外側、表面近くにある筋肉です。こういった違いで働き方や形に違いが出てきます。

では、それぞれについて解説しましょう。

インナーマッスル

インナーマッスルとはどんなものかを列挙してみます。

  • 骨に近いところにある筋肉
  • 小さくてそれほど力が出ない筋肉
  • 関節を保持する
  • 無意識的に力が入る
  • ○○筋と狙って力を入れることが難しい

インナーマッスルを鍛えるとかトレーニング方法とか興味のある方は多いようですけど、現実的にはそういうのは難しいと思います。そもそも小さくてパワーのない筋肉だし、意識を向けることが難しいものなので…。

アウターマッスル

インナーマッスルに対してアウターマッスルとはどんなものかを列挙してみます。

  • 身体の表面に近いところにある
  • 力を出す
  • 大きな力を出すため大きい筋肉が多い
  • 身体の外からでも盛り上がって見える
    • 腕に出る力こぶ
    • 割れた腹筋
    • etc
  • 意識をもって力を入れやすい

インナーマッスル/アウターマッスルまとめ

インナーマッスル/アウターマッスルという言葉の厳密な定義はないと思います。なので、人によって微妙に説明が違ったり、分類され方が違う場合もあると思います。

ただ、そこまで厳密に考える必要もなく、「こんなもんだ」っていう理解をしていただければそれで充分です。

とっても簡単にざっくりいうと、

インナーマッスルは身体の奥深くにあり、関節を固めるために力を出す
アウターマッスルは身体の表面近くにあり、力を出す

ということ。

もう少し具体的にいうと、

姿勢を作っているのは主にインナーマッスルで、運動時のパワーを出しているのは主にアウターマッスルです。

この理解はかなり大事です。

そもそもパワーのない姿勢を作るためのインナーマッスルを鍛えるとか、アウターマッスルで姿勢を作ろうとか、本来の身体に想定される役割と違う役割を無理強いさせることがあります。現場では理屈よりも経験になりがちなのは理解できます。でも、個人的にはちょっと違う気がしています。

脱力するとは

脱力の話に入っていきます。

以前は、僕自身脱力って何なんだろうと思っていました。というのも、「力を抜け!」とよくいわれますが、「本当に力を抜いたら立ってもいられないじゃないか」と考えたからです。

今は勉強がてら、Youtubeで色々な競技の映像を見ます。「力を抜け!」とはよくいわれていますが、僕が持っていた疑問に答えてくれるような話は見たことがありません。「脱力」と「リラックス」を使い分けている先生方もいらっしゃいます。でも個人的にはそれでは納得がいきませんでした。

今回お話ししているインナーマッスルとアウターマッスルにその答えがあると思っています。

一般的に力を抜けとか脱力しろとかいわれるのは、アウターマッスルのことのように思います。なので、「力を抜け!」というのは事実上インナーマッスルには力が入っており、アウターマッスルの力を抜くということになると考えられます。

アウターマッスルを脱力するのは難しい?

インナーマッスルとアウターマッスルの項でも書きましたが、インナーマッスルを意識的に動かすことは難しいです。逆にアウターマッスルを意識して力を入れることは簡単です。

ところが、アウターマッスルの脱力が難しい人がいます。というのも、意識だけでコントロールできるものではなく、メンタルの影響を受けるからです。

多くの人が経験したことがあると思いますが、例えば歯医者さんに行って治療を受ける時にいつのまにか身体中に力が入っていることってありませんか。あと、大勢の前で何か発表しようと思うと緊張して力が入ってしまうこととか。

つまりは、アウターマッスルは自分の意識だけでコントロールできずにいつのまにか力が入ってしまうことがあります。

人によって多少違いますが、特別な緊張などがなくても、なんとなくいつも身体中に力が入っている方っていらっしゃいます。

いつのまにか身体に力が入ってしまうのは、ある程度の時間をかけて練習で改善していくことはできます。簡単なことではなく、数ヶ月単位でかかる場合が多いです。

それだけ自分の身体のコントロールって難しいんですね。

まとめ

インナーマッスルは身体の深い部分にあって、関節の安定性を出しています。大きな力を出す筋肉ではなくて、物量的には小さいものが多いです。特定のインナーマッスルを狙って力を入れることは非常に難しいです。

アウターマッスルは身体の表面に近い部分にあって、大きなパワーを出します。物量的には大きいものが多いです。特定のアウターマッスルを狙って力を入れることは割と簡単です。

インナーマッスルとかアウターマッスルとか、そんなことどうでもいいといえばどうでもいいです。そんなこと知らなくたってスポーツはできます。生きていくこともできます。

でも、知っていたら知っていたで、いいことがあるかもしれません。

自分の身体の中にあるたくさんの筋肉。それにはそれぞれ役割があって、役割に従って使うようにできたらより効率よく身体を使うことが出来ます。

特にスポーツの場合、高いパフォーマンスを追い求めるのに理屈ではなくて、「やった」という実感をベースにトレーニングや練習が進んでいくことがあります。もちろんそれはそれで全然構いません。スポーツはそれぞれに好きなようにやっていくものだし。

ただ、ある程度身体の構造や理屈を知り、それに沿って進んでいった方が効率よくパフォーマンスを上げられると思います。その方が安心だし、より成果も上がるでしょう。なので、ケーセブンでメンテナンスをしていただいている選手たちには、こういう話をするようにしています。

特に、「力が抜けない!」という選手は多いです。この知識があったからといって力が抜けるわけではないのですが、ないよりはあった方が力を抜く練習方法が思いつくかもしれないし、いいかなとおもいます。

何かしらの参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

Body Tuning Labo K7”代表。
人の身体、特に上昇志向の強いアスリートの動き具合を調整していくのが一番得意。
ほぼ100%の人が「自分の身体はちゃんと動いている」と思っているので、もっといい世界があることをお知らせしたい。
元コンピューターハードウェア設計エンジニア。たぶん、異色の転職組で人の身体を見ていくフローも違う。そのため、違う結果が得られるはず。
そういった世界を経験してきているので、根性と気合ですべてをこなそうとするのは苦手。

走尾 潤をフォローする
学び・研究
走尾 潤をフォローする
スポーツ整体 Body Tuning Labo K7"
タイトルとURLをコピーしました